小学生が声優になるために今やっておきたいこと ステップアップの方法は?

小学生 声優になるには

声優になりたいという夢を持つ小学生のみなさん!

あなたが声優という職業に興味を持った理由は何ですか?

アニメやゲームのキャラクターに魅了されたから?それとも、自分の声で物語を彩りたいと思ったから?それぞれの理由は違うかもしれませんが、その夢を追い求めるための第一歩を踏み出すことは、誰にとっても大切なステップです。

この記事では、声優になりたいと思う小学生が、その夢を追い求めるためにどのようなステップをふむべきか、具体的なアドバイスをお伝えします。また、声優になるために必要なスキルや知識、そして声優としてのキャリアを手に入れるための学び方についても紹介します。

この記事を書いた人

現役の声優で声優養成所の講師でもある

「みゆ先生」です!

声優を目指している方へ役に立つ情報をお届けしています。

タップできる目次

声優になりたい小学生へ

小さい頃の夢を叶えた人は世界中にたくさんいます。

夢を叶えた人とそうでない人の一番の違いは夢をあきらめなかったことです。そんなの当たり前じゃないか!って思う人もいるかもしれませんね。

その「当たり前」を実現するのは、実はとても大変なことです。夢を追い続けるということは、たくさんの困難を乗り越えていくこと。でも、その困難を乗り越えるたびに、夢は少しずつ現実に近づいていきますよ。

みゆ先生

最初は小さな一歩でも毎日の積み重ねが夢を追い続ける力になります!

小学生が声優になりたいと思うきっかけって?

小学生が声優になりたいと思うきっかけは様々です。

アニメや映画の影響、声優の活動を通じて感じる魅力、そして自分の声でキャラクターを表現する楽しさ。これらは、声優という夢を追い求める原動力となります。

まずは声優を夢見るようになったきっかけについて詳しく見ていきましょう。

アニメや映画の影響

アニメや映画は、小学生が声優になりたいと思う大きなきっかけとなります。

特に、アニメは日本の文化として世界中に広まっており、その中で活躍する声優たちの演技に触れることで声優という職業に興味を持つことも多いでしょう。

例えば、人気アニメの主人公やお気に入りのキャラクターの声を担当している声優の演技に感動したり、そのキャラクターに共感したりすることで、自分も同じようにキャラクターを演じてみたいと思うかもしれません

また、映画やアニメの中で描かれる物語に引き込まれ、その世界観を自分の声で表現したいと思う小学生もいます。

声優の仕事は、アニメや映画だけでなく、ラジオやイベントなどでも活躍することがあります。その多様な活動を見て、声優の仕事に魅力を感じることもあるでしょう。

声を使うことの楽しさ

声を使うこと
みゆ先生

声を使うことの楽しさも、小学生が声優になりたいと思うきっかけの一つです。

声は、人間が感情を表現するための重要なツールです。喜び、悲しみ、驚き、怒りなど、さまざまな感情を声に込めて表現することで、人々は自分の思いを伝えることができます。

声優が自分の声を使ってキャラクターを生き生きと描き出すことにあこがれ、自分の声を使って物語を創り出すことの楽しさを感じることもあります。

演劇や表現活動への興味

声優になりたいと思う小学生にとって、演劇や表現活動への興味も大きなきっかけとなります。

学校の授業や学習発表会、地域のイベントでの劇の経験は、自分が他人を演じる楽しさや、観客の反応を直接感じる喜びを知る良い機会となります。また、物語を創り出すこと、自分の感情を表現することの面白さを体験することで、声優という職業への理解が深まるでしょう。

演劇活動は、声優に必要な基本的なスキルを身につけるための良い練習にもなります。

役になりきること、台詞を自然に話すこと、感情を声に出すことなどは、声優としての表現力を養うために重要な要素です。これらのスキルは、演劇活動を通じて自然と身につけることができます。

小学生の声優への道 はじめの一歩

声優への道

声優になりたいと思う小学生はとても多いです。

2021年に子ども向けサイト「キッズ@nifty」にて行われた、「なりたい職業」に関するアンケート小学生部門では、第1位は、「マンガ家・アニメーター・イラストレーター」2位が「声優」、3位は「学校の先生」という結果でした。

アニメや映画のキャラクターに憧れ、自分もあのキャラクターのように話せたらと夢見る小学生。

声優になるためにはどのようなステップを踏むべきなのでしょうか。ここでは、小学生が声優になるための初めの一歩について考えてみましょう。

アニメや映画のセリフを真似る

アニメや映画のキャラクターが話すセリフをマネることは、声優になるための最初のステップです。

お気に入りのキャラクターのセリフをマネることで、そのキャラクターの感情や性格を理解し、自分の声で表現する練習になります。

また、自分の声をコントロールする技術を身につけるための良い練習にもなります。声の高さや強弱、速さなどを調節して、キャラクターの感情を表現することは、声優としての基本的なスキルです。

さらに、アニメや映画のセリフを真似ることは、声優の仕事に対する理解を深める機会にもなります。実際にセリフを言ってみることで、声優がどのようにキャラクターを演じているのか、どのように感情を表現しているのかを感じることができます。これらの経験が、声優としての道を歩むための大切な一歩となるのです。

読み聞かせに挑戦する

読み聞かせも、声優になるための大切な訓練方法の一つです。

本や絵本のセリフを読み上げることで、自分の声を使って物語を伝える力を鍛えることができます。また、キャラクターの感情を理解し、それを声に出すことで表現力を身につけることができます。

また、読み聞かせは、声優に必要な発声法やアクセントの練習にもなります。正しい発声法を身につけることで、声の健康を保ちながら、長時間の録音にも耐えられる体力を養うことができます。

みゆ先生

読み聞かせに挑戦することは、基礎を固めるための重要なステップとなります。

学校の様々な活動に参加する

学校の演劇クラブや発表会に参加することは、声優になるための大切な経験となります。演劇活動では、台本に基づいてキャラクターを演じることから始まり、自分の声で感情を表現する方法を学びます。これは、声優としての基本的なスキルを身につけるための重要な訓練です。

また、演劇活動は、チームで作品を作り上げる経験を提供します。共同作業は、コミュニケーション能力や協調性を養うだけでなく、他のメンバーから学ぶ機会も提供します。これらのスキルは、声優としてのキャリアを進める上で非常に有用です。

さらに、演劇活動は、自分の演技を他人に見せる機会を提供します。観客の反応を直接見ることで、自分の演技がどのように受け取られているかを理解することができます。これは、自己評価と自己改善のための重要なフィードバックとなります。

演劇に限らず、ダンスや合唱、放送クラブなどどんな経験でも意識をして取り組むことで声優につながるステップになります。

小学生が声優への階段を登るには

声優への階段
みゆ先生

声優になるためには、ただ声を出すだけではなく、様々なスキルが必要となります。

それは、声のコントロールから、感情表現、台詞の読み方、そして自分の声を理解することまで、多岐にわたります。ここでは、小学生が声優としてのスキルをアップするための具体的な方法について考えてみましょう。

これらのステップを踏むことで、声優としての技術を磨き、自分の声をより深く理解することができます。そして、その経験が自分が声優になる夢を現実のものとするための大切な一歩となるのです。

声優について学ぶ

みゆ先生

声優になるためには、声優という職業についてよく知ることも大切です。

声優が何をするのか、どのようなスキルが必要なのか、どのような環境で働くのかなど、基本的な知識を身につけることで、自分が目指すべき道が明確になります。

声優について学ぶ方法は様々です。例えば、声優の仕事について書かれた本を読む、インターネットで情報を調べる、声優のインタビューを見る、声優が出演するアニメや映画を観察するなど、自分に合った方法で学びましょう。

また、声優になるための学校や養成所に通うことも、声優について学ぶ良い方法です。専門的な知識や技術を学ぶだけでなく、実際の声優の仕事についての現場の情報を得ることができます。

声優について学ぶことは、自分が声優になるための道筋を明確にし、自分の目標に向かって効率的に進むための重要なステップとなります。

自分の声を録音してみる

自分の声を録音してみることは、声優としてのスキルを磨くための有効な手段です。自分の声を客観的に聞くことで、自分の声の特徴や癖、改善点を理解することができます。

例えば、自分の声の高さや強弱、速さなど、声の特性を把握することができます。また、自分が思っていた通りに感情を表現できているか、台詞の読み方が自然かどうかなど、自分の演技を評価することもできます。

さらに、録音を繰り返すことで、自分の声をコントロールする技術を磨くことができます。自分の声を録音し、それを聞き直すことで、自分の声の改善点を見つけ、それを修正する練習をすることができます。

自分の声を録音してみることは、自分の声を理解し、声優としての技術を磨くための重要なステップとなります。

小学生が開けるプロへの扉

野球選手やサッカー選手を目指して毎日練習に明け暮れている子も多いかもしれません。ピアノの先生を夢見て音楽教室に通っている子もいるでしょう。

同じように声優を目指して小学生の頃からレッスンを受けることはできるのでしょうか?

小学生向け声優スクールについて

声優になりたいと思う小学生たちにとって、最初の一歩は、声優のスキルを学ぶことができる場所を見つけることです。

みゆ先生

最近は小学生から参加できる声優スクールも増えてきました。

その一つが「代々木アニメーション学院」です。ここでは、週1回から通うことができ、費用も比較的安価です。また、松岡禎丞などの有名声優が出身であることでも知られています。

他にも「インターナショナルメディア学院」や「日本ナレーション演技研究所」、「81ACTOR’S STUDIO」など、小学生でも通える声優養成所は多数存在します。

これらのスクールでは、専門的な知識と技術を学び、自分の声優としての可能性を見極めることができます。

みゆ先生

各スクールの無料資料請求をして比較検討して見ましょう!

スクロールできます
スクールコース対象頻度時間/回入学金レッスン料1コマあたりの
レッスン料
代々木アニメーション学院
ジュニアコース小学4年生〜
中学3年生
週1〜2回
(全40回)
2時間✖️1コマ3万円79,200〜/年1,980円
インターナショナルメディア学院
ジュニアコース小学4年生〜月2回2時間✖️2コマ11万円2万円/月5,000円
日本ナレーション演技研究所
日本ナレーション演技
ジュニアクラス小学5年生〜
中学3年生
月3回2時間✖️1コマ2万円5,500円/月1,833円
81ACTOR’S STUDIOキッズクラス小学1年生~
6年生
週1回
(年40回)
90分✖️1コマなし18万円/年4,500円

小学生対象オーディションについて

声優のオーディションとは

声優のオーディションとは、声優の仕事を得るための試験のことを指します。オーディションでは、自分の声や演技力を審査員に見せ、自分がその役にふさわしいと思わせることが求められます。

小学生でも参加できる声優のオーディションもあります。

例えば「ワタナベエデュケーショングループ」では、小学3年生から6年生を対象としたオーディションを開催しています。ここでは、声優だけでなく、俳優や歌手、アイドルなど、さまざまな芸能活動に挑戦することができます。

みゆ先生

しかし、オーディションは競争が激しく、なかなか合格するのは難しいです。

そのため、オーディションに挑戦する前に、しっかりと準備をすることが大切です。

オーディションに参加するための準備

オーディションに挑戦するためにはまずオーディションではどんなことが行われるのか調べましょう。

内容がわからなければ対策を立てることができませんね。

みゆ先生

声優のオーディションは、一般的に以下のような流れで行われます。

  1. 書類審査:まずは書類審査から始まります。これは、あなたの基本情報や経歴、声優になりたい理由などを書いた応募書類を審査するステップです。ここでは、あなたが声優としての基本的な資質や意欲を持っているかを確認します。
  2. ボイスサンプル審査:次に、あなたの声を聞くためのボイスサンプル審査が行われます。これは、あなたが録音したボイスサンプルを審査するステップです。ここでは、あなたの声質や発声能力、表現力を評価します。
  3. スタジオ審査:テープ審査を通過すると、次はスタジオ審査です。これは、実際にスタジオであなたの演技を見るためのステップです。ここでは、あなたが実際に声優としての仕事をこなす能力を評価します。
  4. 面接:最後に、面接が行われます。これは、あなたの人間性や声優としての意欲、目指す方向性などを深く探るためのステップです。

小学生の参加できるオーディションはまだ数が少ないので、オーディションの流れを頭に入れながらコツコツとスキルアップをしていきましょう。

またチャンスがあれば一般公開されているオーディションを見に行くのも良い経験です。

小学生から声優になった人は?

声優になりたいと思う小学生たちにとって、同じように小学生の頃から声優を目指し、夢を実現した人々の話は、大きな励みになりますよね。

みゆ先生

小学生から声優になった先輩達を紹介します

小学生で声優の夢を叶えた人は?

坂本真綾さん

舞台照明の仕事をしていたお父さんの影響で、小さい頃から舞台を見る機会の多かった坂本真綾さんは舞台俳優に憧れていたそうです。8歳の時に入団した児童劇団から映画の吹き替えの仕事をもらったことがきっかけで声優の仕事を始めています。

岡田日花里さん

7歳の時にメインキャスト子役声優オーディションでグランプリに輝き、テレビアニメで声優デビューをしています。その後も数多くの映画の吹き替えなど、声優として活躍しています。

田中誠人くん

劇団ひまわりに所属し、「ちいかわ」ハチワレ役を好演。声優だけでなく子役としても活躍。ちいかわのエンディングテーマ「ひとりごつ」も歌っています。

成功の秘訣

成功した小学生の声優たちは、それぞれ異なる経験と才能を持っていますが、彼らの成功の秘訣にはいくつかの共通点があります。

継続的な学習と練習

声優として成功するためには、才能だけでなく、継続的な努力が必要です。

声優の技術を磨くためには、日々の練習と学習が欠かせません。

自分自身を信じること

自分自身の能力を信じ、自分自身の価値を認識することも大切です。自分自身を信じることで、自信を持って挑戦し続けることができます。

オーディションや試験など、チャンスが訪れたときに備えて、常に準備をしておくことも重要です。チャンスは準備ができている人に訪れます。

小学生が声優になるために準備したいこと まとめ

この記事では、小学生が声優になるためのステップと、その道のりを詳しく解説しました。

声優は人気の職業で、簡単に叶う夢ではありませんが、正しいステップを踏むことで夢に一歩ずつ近づくことが可能です。

まず小学生のうちは学校生活の中できるたくさんの経験を声優という夢を意識しながら楽しむことが大切です。

その上で、週1回ほどレッスンに通いながら実際の声優の仕事に触れたり、同じ夢を持つ仲間と切磋琢磨しながらステップアップしていくことをおすすめします。

この記事が声優になりたいという夢を持つ小学生にとって、夢を現実にするための具体的な行動をとるためのガイドとなれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次