声優になる!初心者でも始められる発声練習のコツは?自宅でもできる?

  • 声優になりたいけど、どんな発声練習をすればいいのかわからなくて・・
  • 自宅で発声練習を始めたいけど、近所迷惑になるかな?
  • 発声練習するとすぐ喉が痛くなって・・。どうやったら長時間練習できるのかな?

 声優は、アニメやゲーム、ラジオドラマなど、様々なメディアで活躍する場があり人気の職業です。

声優になるためには、ただ声が出せればいいというわけではなく、求められるキャラクター、場面に応じた声を使い分けなくてはなりません。

そのため発声練習は、声優にとって必要不可欠なスキルの一つです。

この記事では、初心者でも始められる発声練習のコツを紹介します。養成所に通う前に、まずは自宅でできる発声練習から始めてみませんか?

この記事を書いた人

声優養成所講師の「みゆ先生」です!

声優を目指している方へ役に立つ情報をお届けしています。

タップできる目次

声優のための発声練習 基礎知識

声優として成功するためには、自分の声をコントロールし、さまざまな表現をする能力が求められます。

そのためには、発声練習が欠かせません。では、具体的にどのような声質が声優に適しているのでしょうか。また、声優の声の出し方はどのように特殊なのでしょうか。

みゆ先生

まずは、これらの基礎知識について解説します。

声優に適した声質はどんな声?

声優に適した声質というと、何を思い浮かべますか?

実は、声優に適した声質というのは一概には決められません。なぜなら、声優の仕事は非常に多岐にわたり、アニメやゲームのキャラクターからナレーション、ラジオドラマまで、求められる声質は様々だからです。

しかし、一般的には、クリアで聞き取りやすい声、表現力が豊かで感情を込めやすい声、または特徴的で印象に残る声が求められます。

また、声優になるためには、自分の声を様々なキャラクターやシーンに合わせて変えることができる柔軟性も必要です。

声優の声の出し方とは?

声優の声の出し方は、一般的な話し方とは異なります。

まず、声は体全体から出るものと理解すること。具体的には、腹式呼吸をマスターし、声帯だけでなく、体全体を使って声を出すことが求められます。

また、声優は様々なキャラクターを演じるため、そのキャラクターの感情や性格を声に込めることが必要です。

これらの技術を身につけるために、日々の発声練習が欠かせないのです。

声優の発声練習の重要性

声優の仕事は、文字通り「声」で表現する職業です。

声の出し方一つで、キャラクターの感情や性格を視聴者に伝えることができます。

そのためには、日々の発声練習が欠かせないと言いましたが、具体的に発声練習がなぜ必要なのでしょうか。

発声練習はなぜ必要?

発声練習が必須である理由は大きく分けて3つあります。

  • 1つ目は、声のコントロール能力を高めるためです。発声練習を通じて、声の高さや強さ、速さなどを自在に操る技術を身につけることができます。これにより、様々なキャラクターを演じ分けることが可能になります。
  • 2つ目は、声を長時間保つためです。声優の仕事は、長時間にわたり声を出し続けることが求められます。そのため、声帯を適切に使い、声を保つための練習が必要です。
  • 3つ目は、表現力を豊かにするためです。声優は、声だけでキャラクターの感情を表現します。そのため、悲しみや喜び、怒りなど、さまざまな感情を声に出す技術を磨く必要があります。
みゆ先生

発声練習は声優にとって必要不可欠なものか分かりましたか?

声優の発声練習方法

声優の発声練習方法は、基本的なスキルの習得から始まり、上級者向けのテクニックまで幅広く存在します。ここでは、その両方について詳しく解説します。

基本的なスキルの習得

声優の発声練習でまず重要となるのが、基本的なスキルの習得です。以下に、その主なものを挙げます。

腹式呼吸:声優としての発声は、腹式呼吸が基本となります。胸を使う胸式呼吸ではなく、お腹を使って深呼吸をすることで、大きな声を出すことが可能になります。

アルファベットの発音:日本語だけでなく、英語の台詞もあるため、正しいアルファベットの発音を身につけることも重要です。

感情表現:声優は、声だけで感情を表現します。そのため、喜び、悲しみ、怒りなどの感情を声に出す練習を行います。

上級者向けのテクニックやアドバイス

基本的なスキルを習得したら、次は上級者向けのテクニックに挑戦してみましょう。

ボイスチェンジ

様々なキャラクターを演じるためには、自分の声を変える技術が必要です。男性声、女性声、老人声、子供声など、幅広い声色を出せるように練習しましょう。

台詞のリズム

台詞にはリズムがあります。そのリズムを掴むことで、より自然な演技が可能になります。

演技力

声優は、声だけでなく、演技力も必要です。そのため、演技の練習も欠かせません。具体的には、台詞を読むだけでなく、そのキャラクターになりきることが求められます。

これらのテクニックを習得することで、より幅広い表現が可能になり、多様なキャラクターを演じることができます。

みゆ先生

最初は難しく感じるかもしれませんが継続は力なりです!

声優の発声練習の手順

STEP
リラクゼーション

まずは全身をリラックスさせます。肩や首、顔の筋肉をほぐし、深呼吸を行いましょう。

STEP
腹式呼吸の練習

お腹を使って深呼吸を行います。息を吸うときにお腹が膨らみ、息を吐くときにお腹が凹むことを意識しましょう。

STEP
発声練習

「あいうえお」などの母音を大きな声で発声します。このとき、声が鼻に抜けないように注意しましょう。

STEP
アルファベットの発音練習

英語の台詞もあるため、正しいアルファベットの発音を練習します。

STEP
感情表現の練習

喜び、悲しみ、怒りなどの感情を声に出す練習を行います。

STEP
ボイスチェンジの練習

喜び、悲しみ、怒りなどの感情を声に出す練習を行います。

STEP
台詞のリズム練習

台詞にはリズムがあります。そのリズムを掴むことで、より自然な演技が可能になります。

STEP
演技練習

台詞を読むだけでなく、そのキャラクターになりきることを練習します。

STEP
録音と再生

自分の声を録音し、再生してみましょう。自分の声を客観的に聞くことで、改善点が見えてきます。

STEP
反省と改善

録音した声を聞き、反省点を見つけ、次回の練習に生かします。

これらのステップを踏むことで、効果的に発声練習を行うことができます。毎日コンスタントに練習を続けることが、声優としてのスキルアップに繋がります。

発声練習の注意点

声優の発声練習は、ただ声を出すだけではなく、正しい方法で行うことが重要です。

間違った方法で練習を行うと、声帯に負担をかけてしまい、最悪の場合、声帯を傷つけてしまう可能性もあります。

気をつけたい4つのこと

  1. 声の無理な使い方を避ける:高い声や大きな声を出すために無理をすると、声帯に負担がかかります。自分の声域を理解し、それを超えないように注意しましょう。
  2. 適切な呼吸法を身につける:声は呼吸と密接に関連しています。腹式呼吸をマスターし、息を吸うときにお腹が膨らみ、息を吐くときにお腹が凹むことを意識しましょう。
  3. 体調管理を怠らない:風邪や喉の痛みなど、体調不良は声質に影響を及ぼします。日々の体調管理を怠らないようにしましょう。
  4. 適度な休息を取る:連続して長時間の練習を行うと、声帯に負担がかかります。適度に休息を取り、声帯を休める時間を作ることも重要です。
みゆ先生

これらの注意点を守りながら、日々の発声練習を行うことで、健康的に声優のスキルを磨くことができます。

声優になるための発声練習のコツ

発声練習 声優

ここでは、発声練習のコツとして、筋力トレーニングや防音グッズの活用、短時間での練習方法について解説します。

発声練習とあわせてやりたい筋力トレーニング

声優の発声練習には、筋力トレーニングも有効です。

特に、腹筋や背筋を鍛えることで、腹式呼吸がしやすくなり、声の安定性や持続力を向上させることができます。また、首や肩の筋肉を柔らかく保つことで、声の出しやすさも改善します。

自宅で発声練習をする時におすすめの防音グッズ

自宅での発声練習では、周囲への騒音を気にすることなく集中して練習できるよう、防音グッズの活用がおすすめです。

防音パネルや防音カーテン、防音ボックスなどを使用すると、音漏れを抑えることができます。

数分あればいつでも発声練習ができる

発声練習は、長時間行う必要はありません。

例えば、通勤時間や休憩時間など、数分の空き時間を利用して、声のストレッチや発声練習を行うことも効果的です。声を出す練習だけでなく、台詞の暗記や感情表現のイメージトレーニングなども行いましょう。

毎日少しずつでも続けることが、スキルアップに繋がります。

声優の発声練習のまとめ

声優は、幅広い声質を持つことが求められるため、その声をコントロールするために、日々の発声練習が必要となります。

発声のコントロール能力を高めるため、声を長時間保つため、そして表現力を豊かにするために、基本的なスキルの習得から始まり、上級者向けのテクニックまで、発声練習によって段階的に学んでいくことができます。

発声練習を行う上での注意点としては、声の無理な使い方を避ける、適切な呼吸法を身につける、体調管理を怠らない、適度な休息を取る、といったことが挙げられます。

発声練習とあわせて筋力トレーニングを組み合わせたり、防音グッズを活用する、数分の空き時間でも練習を行う、といったことが有効です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次